UserLocal AIテキストマイニング

各文書の内容

文書1

高評価のレビュー
自室専用に購入しました。いやぁびっくりぽんです。この価格でこの能力。確かにもっとお高い上級モデルと比べるとチープな作りの部分も散見されますが、それでも価格を考えれば十分納得できるレベル。能力だってかなりパワフルですよ。そりゃ上級モデルから買い換えたら物足りなさを感じるでしょうが、比較するほうが酷ってもんです。デザインだってなかなか格好良いじゃないですか(写真二枚目)。うむうむ、気に入りました。まあパワフルなぶん運転音はかなり大きいので、住環境によっては、深夜早朝のお掃除はちょっと厳しいかなぁ。そうそう、これだけパワフルなのに「全然吸い込まない」と酷評されてるレビュワーさまもおられますが、... (解析対象:全24258文字)

文書2

低評価のレビュー
口コミの多さにつられ購入。すぐに目詰まりしピーピーなって吸引が低下。洗って乾かして面倒です。つられましたが、紙パックの方が簡単です。お手入れが手間かかります。 3万円代の掃除機と違って、先端ライトや、足で簡単にヘッドが外れるなどという便利な機能はついていませんが、吸引は勝っています。ゴミを吸うと言うシンプルな作りです。ソフト、中、強とありますが、フローリングはソフトで十分です。中でも軽いマットは吸い上がってしまいます。吸引力を重視する方にはお勧めです。ただ一点、、、。本体の方のホースが、本体に固定されているため、かけているうちにホースが絡んできます。かけてはホースを直し、かけては直しです... (解析対象:全9510文字)
ワードクラウド

スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。

高評価のレビュー

ロード中

低評価のレビュー

ロード中
単語分類

2つの文書に出現する単語を、それぞれどちらの文書に偏って出現しているかでグルーピングした表です。 表の左側には「高評価のレビュー」によく出現する単語が、右側には「低評価のレビュー」によく出現する単語が表示されています。 それぞれの表の中の単語は、出現頻度が多い順に並んでいます。

ロード中
特徴語マップ

解析対象の文書に現れる単語がどちらの文書により多く出現するか、またその単語が文書においてどれだけ特徴的であるかを2次元でマッピングした図です。 単語が左寄りになっているほど「高評価のレビュー」により多く現れることを、右寄りになっているほど「低評価のレビュー」により多く現れることを意味しています。 また、単語が上寄りになっているほどこの文書で特徴的な単語であることを、下寄りになっているほどどのような種類の文書にも出現するような一般的な単語であることを意味しています。

ロード中
ネガポジマップ

解析対象の文書に現れる単語がどちらの文書により多く出現するか、またその単語の意味がどれだけポジティブ・ネガティブであるかを2次元でマッピングした図です。 単語が左寄りになっているほど「高評価のレビュー」により多く現れることを、右寄りになっているほど「低評価のレビュー」により多く現れることを意味しています。 また、単語が上寄りになっているほどポジティブな単語であることを、下寄りになっているほどネガティブな単語であることを意味しています。

ロード中
単語の出現比率

出現回数の多い単語を選び出し、それらが2つの文書においてどれぐらいの比率で出現するかをグラフにしています。

ロード中
ワードクラウド

スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。

ロード中
単語出現頻度

文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。単語ごとに表示されている「スコア」の大きさは、 与えられた文書の中でその単語がどれだけ特徴的であるかを表しています。 通常はその単語の出現回数が多いほどスコアが高くなりますが、 「言う」や「思う」など、どの文書にもよく現れる単語についてはスコアが低めになります。 【スコアの目的と算出方法について】

ロード中
共起キーワード

文章中に出現する単語の出現パターンが似たものを線で結んだ図です。出現数が多い語ほど大きく、また共起の程度が強いほど太い線で描画されます。 【共起とは?】

ロード中
2次元マップ

文章中での出現傾向が似た単語ほど近く、似ていない単語ほど遠く配置されています。距離が近い単語はグループにまとめ、色分けしています。 【2次元マップの詳しい説明】

ロード中
係り受け解析

係り受け解析では、「名詞」に係る「形容詞」「動詞」「名詞」についての解析結果を表示します。 「スコア」は、出現回数やその係り受け関係が全組み合わせのうちに占める割合などを複合的に判断し、独自に算出した数値です。 「スコア」が高いほど、よりその係り受け関係が重要であることを示します。 また、単語の後に「(否: 50%)」 などとついている場合、 集計された係り受け関係のうち50%が否定表現(例:「高い」→「高くない」)として使われていることを意味しています。 ネガポジは名詞にかかる形容詞がポジティブ(ネガティブ)な単語かどうかを表しています。 【係り受け解析とは?】

(結果の表示に時間がかかる場合があります)

ユーザー登録(無料)をして続きを読む
※ 以下はサンプルデータを表示しています

ロード中
階層的クラスタリング

文章中での出現傾向が似た単語をまとまりとしてとらえられるよう樹形図で表したものです。グループは色分けして表示しています。 【階層的クラスタリングの詳しい説明】

ロード中
ユーザー登録でさらに便利に!
  1. 解析する単語をカスタマイズ
  2. 解析できる文字数がアップ
  3. 過去の解析結果をアーカイブ
ユーザー登録(無料)